白石先生ケルン

Pocket

日本文学に対する想い 山岳部への慈しみ 
寄稿中 1967年涸沢常駐隊 殴打事件の項はその経緯を精査し
吾々当事者の忸怩たる思いに 世間に対し
当時の訓練の在り方にロジカルな裏付けを頂きました。
今まで気づいていなかったが エピローグにも思いを綴ってあった。
結局此の随筆集は諸兄への師の鎮魂では

白石先生ケルン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です